キャリアデザインの一環としてのAV女優

今週のメルマガの前半部の紹介です。先日、なんと日経の記者がAVに出演していたとの記事を週刊文春がスッパ抜き、大きな話題となりました。それも、単体作品で10本(一説にはトータルで70本!)というのだから、それなりに有名な売れっ子女優と言っていいでしょう(文春報道時点で既に退職済み)。

もし、同じように、違法ではないけれども会社的にはあまり歓迎したくない経歴のある人間が社員になっていると判明した場合、会社はどういうアクションをとるのでしょうか。そして、幅広い経歴から垣間見える本人のキャリアデザインとは。

今回は企業と性の問題について思い切って切り込んでいきたいと思います。

AV!東大!日経!

最初、筆者は「日経記者が実は元AV女優だったことがバレて辞めさせられたらしい」という話を聞いて、よくある話と聞き流しました。実際、過去に風俗等の水商売勤務が発覚して処分対象となるケースはたまに耳にします。過去の犯罪歴なんかも同じですね。

というか、渡辺淳一先生の一連の作品を連載していたんだからそれくらい別にいいじゃんというのが正直な感想ですね。筆者も社内の知り合いに聞いたら「記者としてはそこらの男子よりよほど優秀で、コミュニケーション能力も高かった」そうなので、目くじら立てるほどのことでもないような気もします。きっと渡辺先生も草葉の陰で泣いておられるに違いありません。

ただ、実は慶応経由で東大の修士卒であるとかいった話を聞くうち、これはこれで優れたキャリアデザインの一環なのではないかと考えるようになりました。筆者がそう考えるようになった理由は以下の3点です。

1. そもそもAVは儲かる仕事ではない

ネットを通じたコンテンツの違法アップロードの被害をもっとも受けているのがAV業界だという点で、異論のある人は少ないでしょう。それくらい、アダルトコンテンツはネット上に無料でごろごろ転がっています。

結果、女優のギャラも90年代より桁一つ下がって、今では単体女優で数十万円、企画ものに複数人で出演する場合、一人数万円程度に過ぎないと言います。要するに「お金欲しさに体で稼ぐ」というAV女優像はノスタルジックな昭和のフィクションであり、そこにはまったく別の、そして多様な事情があるということです。

2.慶応SFC→東大大学院というエリート芸人養成コース

もう一つ、筆者がピンと来たのは、慶応SFCから東大大学院に学歴ロンダリングしていることです。終身雇用ベースの日本では、下手に文系大学院に行こうものなら社会不適格者のレッテルを貼られかねないリスクがあります。以前、文科省が博士課程を量産した時、何の売りがあるのかよくわからない20代後半の博士号取得者が日本中にあふれ、結果的にコンビニバイトやすきやのワンオペに落ち着いていったという経緯もあります。

まあそんな経緯を間近で見ているから、普通は文系で院なんて行きませんね。でも、東大の院だけは別です。今でも日本中から、熱意のある若者が集っていて凄い熱気です。何の熱意かって?「最終学歴を東大で上書きする」という熱意です。

学部はよその私大でも、何やってたかよくわからない文系でも、良くも悪くも東大の大学院はそれなりに評価されます。くわえて、将来は自分の名前を広く売る仕事に就こうと思っている人にとっては、正々堂々と「東大修士課程修了」と名乗れるわけですから、とても魅力的なわけです。というわけで、東大の院には、政治家とか作家の卵的な人が割といますね。

もちろん、ちゃんと真面目に勉強するためにやってきた人もいます。でも、そういう人はたいていそのままアカデミズムの世界に残るものです。民間一流企業に就職し、後述するように著作まで出しているという事実からは、恐らく最初からハクを付けることが目的だったのでしょう。実際、いくつかのメディアは本人のことを「東大院卒」と華々しく報じているわけで、彼女の破壊力は3割くらい増しになっているはずです。

3.「日経」という肩書への執着心の無さ

仮に本人の動機が安定や収入にあるのであれば、就職と同時に過去ときれいさっぱり縁を切り、メイクや髪型を一新して、栄えある日経新聞社の一員として新たな人生を歩みだしたはず。実際、お水で働いていた女子学生の99.9%はそういう風にシフトチェンジします。

でも、彼女は2013年に「AV女優の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか」というきわどいタイトルの本を出版しています。普通、完全に足を洗った過去に関係する話なんてわざわざ本に書くでしょうか?もし同僚に「あの人ってこの女優さんに似てない?」的な疑惑を抱く人がいたら、有力な物証を投げ与えるようなもんでしょう。

恐らく、本人はある段階から、いずれ著作などを通じ直接社会に情報発信するポジションに行こうと決意したはず。それがAV前か後かはわかりませんが、東大大学院や日経というキーワードは、その発信力を強めるための“飾り”でしょう。はっきりいって、恐るべきキャリアデザイン力だと思います。

前回のストーリー的な観点から言えば、本人の経歴には「慶応から社会学系の東大大学院に進学、フィールドワークも兼ねてAV出演、日経新聞記者となるも、そちらの執筆活動を優先するために独立」という見事なストーリーが出来ているのがわかりますね。



水際作戦に失敗した日経の事後処置を検証する
企業に意外に多いお水出身者
つぶしのきかないスキルを黄金の職歴に変えるテクニック



※詳細はメルマガにて(ビジスパ夜間飛行BLOGOS







Q:「外資ですがトップが一年くらいで次々交代してしまいます……」

→A:「労働市場が硬直しているのは一般従業員だけではありません」



Q:「他部門のサポートまで指示されててんてこまいです」

→A:「付加価値の低い仕事をいかに切り捨てるかも、とても重要なキャリアデザインです」







雇用ニュースの深層


有給消化率や女性登用率の義務付けで日本企業は電気羊の夢を見るか


当たり前ですが、有給消化率や女性幹部比率というものは社会体質の一つの指標に過ぎず、指標を法でこねくりまわしたところで体質がかわるわけではありません。ちょっと前の社外取締役ブームがいい例でしょう。



東大文系の評価急落の意味するもの

一つのロールモデルが終焉を迎える中、新たなモデルを提供できない大学は凋落せざるをえません。次世代のエリートたちはどこを目指すのでしょうか。そして、既に社会人となった人間が意識しておくべき点とは。






Q&Aも受付中、登録は以下から。
・ビジスパ(木曜配信予定)
・夜間飛行(金曜配信予定)
・BLOGOS(金曜配信予定)






「日経プラス10」出演のお知らせ

本日14日22時~のBSジャパン「日経プラス10」に出演予定なのでご報告。


テーマは「“脱・年功序列”は日本企業に根付くのか!?~総理が目指す「年功序列見直し」日本経済への影響は?」とのこと。


文藝春秋11月号




文藝春秋11月号、特集「朝日問題」に「格差社会のダブルスタンダード」を寄稿しているのでご報告。

政府の掲げる労働市場改革に常に反対の論陣を張っていた同社が、身をもって終身雇用の醜悪な内幕をさらけだしたことは、何とも皮肉な話だろう。


さて、本特集は20人以上の論者がそれぞれの立場から見た朝日問題を論じているのだが、中には「?」な人もいて、その代表格はTPP芸人の中野剛志センセイだ。曰く「朝日新聞は日本を破壊するため、グローバル化や構造改革を支持した」だそう(なぜか誤報の誤の字も出てこない)。

エスタブリッシュが揺らぐと、隙間からゾロゾロ頭のおかしいのが湧いてくるものだ。ネットならともかく、こういうのが表舞台に出てくるようになると危ない。朝日ははやく検証&謝罪して、とっとと平常モードに戻った方がいい。





本日TOKYO FM「Time Line」出演のお知らせ

本日19時~のTOKYO FM「Time Line」に出演予定なのでお知らせ。

テーマは「相次ぐ年功序列の廃止がもたらす社員の流動化」だ。

ソニーでもパナソニックでもなく、巨艦日立が年功序列を見直すという現実が、一つの時代の終焉を象徴しているように思う。


ストーリーとしてのキャリア戦略 

今週のメルマガの前半部の紹介です。
先日、サイバーエージェントの藤田社長が、同業他社に転職した部下への“怒り”を日経の連載で表明したことが大きな話題となりました。曰く、過去に億単位の損失を出したにもかかわらずチャンスを与えたのに、道半ばにしてバイトのように投げ出して転職するとは何事か、社内への示しをつけるためにも言わねばならん、と説明しつつ、けっこう本気でキレているのがよくわかります。

さて、筆者も人から
「ある程度のポジションにある人がぽいっと転職するのかアリなのか」
「有名企業トップが公の場で転職者を批判するのはどうなのか」
といった質問をされましたが、基本はビジネスなので良い悪いの問題ではないですね。あるのはあくまで損得勘定。今動いた方がトクだと本人が判断し、それを今回は引き留められなかったというだけの話です。トップの怒り具合からしてサイバー側が損をしたということでしょう。

とはいえ、筆者は“ストーリー”という観点から、今回の一連の流れを興味深く眺めていました。そこには、一つの物語を巡る冒険と確執が垣間見えます。なぜ、藤田氏はわざわざ損した話をコラムに書いたのか。そして、問題の引き抜きは、個人のキャリアデザイン的に本当に正解だったのか。マネジメント職の方はもちろん、転職を考えているすべてのビジネスマンにとっても興味深い内容となるでしょう。

人事部の愛するストーリー

4年ほど前に「ストーリーとしての競争戦略」という優れた経営書が話題となり、コンシューマー向けのマーケティングでもストーリー性を重視する企業がだいぶ増えましたね。つい先日もトヨタトップが「ドイツ車と比べてレクサスにはストーリーが欠けている」と発言して話題になりました。要するに、同じようなグレードの製品であれば、歴史と分かりやすく引き込まれやすいストーリーのある方を消費者は選ぶ、ということです。

同様に(第二新卒のようにポテンシャル色の濃い中途採用を除いて)ある程度の職歴のある人間には、キャリアを通して見えてくる一本のストーリーがあります。そして人事担当者も人間ですから、わかりやすいストーリーのある人材の方を評価することになります。

筆者はよく「筋の通ったキャリア」という言い方をしますが、同じことですね。「おー、この人はいいキャリアを積んでいるな」と感心する人ほど、職歴を見ると、美しく筋の一本通ったストーリーが浮かんで見えるものです。

たとえば、同じ30歳でSE職に応募したA氏とB氏がいるとします。A氏は専門学校卒業後、ずっとIT企業の第一線でシステム開発に携わっています。一方のB氏は東大卒業後、大手の金融機関に就職し、総合職としてシステム開発はもちろん、営業から総務まで幅広く社内業務をローテしています。

筆者なら、間違いなくA氏を採用しますね。それはキャリアの中に一本筋が通ったストーリーが見えるからです。専門学校を出て、最初は中小企業でこつこつ実務を身につけ、着実にキャリアアップしてきた人材。第一線の叩き上げが憧れのゴールとして自社の門を叩いてくれたという、人事が最も喜ぶサクセスストーリーがそこにはあります。

逆にB氏には何のストーリーも見えません。あえていえば「会社に言われた通りに与えられた仕事だけをこなしてきた」的なストーリーだけがおぼろげながら見えるだけです。まあ一生その会社で頑張るならそれはそれで「忠臣蔵」とか「樅の木は残った」的な忠義物語でいいんですけど、だったらなんでわざわざ転職するの?というのが率直な感想ですね(ちなみにこれは実話)。

同様のアングルは、すべての求職者にも適用されます。1、2年おきに職を転々としている人には、人事は「採用してもまたすぐに辞める物語」を連想します。前の会社から懲戒処分を貰っている人間は「また同じようなトラブルを起こす人の物語」を連想します。そして、社外のブラックユニオンに加入して会社を攻撃した人には「新たな職場でも粗探しして金を引っ張ろうとする物語」を連想します。

常に自分のキャリアを「第三者から読まれる物語」として意識すること。もちろん物語である以上、波乱万丈あっていいですが、そこには必ず一本筋を通す努力をしておくこと。それが筆者の考えるキャリアデザインの基本ですね。



以降、
「バイトのように投げ出す」転職はアリかナシか
藤田氏が本当に伝えたかったメッセージとその相手とは




※詳細はメルマガにて(ビジスパ夜間飛行BLOGOS







Q:「消費税は10%に上げるべきでしょうか?」

→A:「2%云々ではなく、現実に起きているのは一大ババ抜きゲームの最終決戦です」



Q:「ロースクール三振者の売りを教えてください」

→A:「スポーツでも試験でも、集中して取り組んだ経験は必ず評価されます」



Q:「“ゆるい就職”について、城さんはどう思われますか?」

→A:「今をいろんな風に生きたいという考えを、筆者は尊重します」







雇用ニュースの深層


日立の年功序列見直しが凄いインパクトなわけ

現在二期連続最高益更新を掲げる日立の脱・年功序列宣言は、日本の終身雇用制度の事実上の終焉を意味しています。



総理が「年功序列の見直し」に言及する意味

絵を描いている人は、明らかに日本版ワッセナー合意を狙っているはず。では、この先何が起こるのでしょう?





Q&Aも受付中、登録は以下から。
・ビジスパ(木曜配信予定)
・夜間飛行(金曜配信予定)
・BLOGOS(金曜配信予定)















ENTRY ARCHIVE
著作
「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話


それゆけ!連合ユニオンズ[上]


若者を殺すのは誰か?


7割は課長にさえなれません


世代間格差ってなんだ


たった1%の賃下げが99%を幸せにする


3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
MY PROFILE
城繁幸
コンサルタント及び執筆。 仕事紹介と日々の雑感。 個別の連絡は以下まで。
castleoffortune@gmail.com
RECENT COMMENT
SEARCH
QRコード
QRコード