弱者は市場がないと取引にすら参加できないという現実

昨夜の政策カフェは初めての出席だったが、なかなか興味深いイベントだった。政策カフェというのは、政策に興味のあるビジネスマンや官僚、大学関係者を中心とした意見交換の場で、ビジネスと政策という(本当はもっと人が活発に行き来すべきなのだが)パラレルな世界が接点を持つというのが設立の趣旨である。

さて、昨夜出席した官僚OBや学者の方の発言で興味深いものを備忘録を兼ねて紹介しておこう。
(承認を貰っていないので匿名で)


アベノミクスの第一、第二の矢は短期の効果しかなく、構造改革の推進である第三の矢が実現しないとこのまま尻すぼみになりかねない。

第三の矢の中でも、やはり労働市場の流動化はとても重要だ。先のサッカーW杯で労働市場改革の先達であるドイツとオランダが旋風を巻き起こしたのは象徴的。ドイツもオランダも、日本より年間400時間近く総労働時間が短く、生産性は5割ほど高い。日本は労働の量ではなく質に注力し、生産性を上げる方法をもっと模索すべき。

一応、安倍政権自体は正しい方向を向いており、とりあえず特区を中心とした部分的な規制緩和が議論されているが、国交省や厚労省といった問題省庁がなりふり構わずイチャモンをつけて潰しにかかっており、気の抜けない状況。

「市場原理の導入は弱者に厳しい」というのは幻想で、規制による統制経済は、弱者に優しいどころか弱者を排除することになる。



特に最後の言葉は個人的にも思うところはあって、終身雇用がまさにその典型だろう。
「企業は年金支給開始まで従業員を雇え」という統制経済を推進してきた結果、一流大卒の男子しか取引されず、そのラインからあぶれた弱者や女性が非正規雇用としてリスクを押し付けられている。

筆者も以前述べたように、終身雇用そのものが弱者の排除装置として機能しているわけだ。少子化や格差といった問題は、すべてこの構造に根っこがある。

で、たいてい大声で「市場原理では弱肉強食になってしまう!」とかなんとか騒いでるのって、現在の構造でいいところに潜り込んでる大企業とか公務員の労組といった連中で、そもそも君ら弱者じゃないだろう的な面々がほとんどだ。

この構図は、雇用以外のすべての領域でも見られるものだ。今の日本には、弱者を守れとか、日本の伝統を守れとか声高に叫ぶ連中が多い。でもその多くは、弱者でも愛国者でもなく、単に「既得権という名のプール」に首までどっぷり浸かっていて、プールから出るのがイヤな怠け者に過ぎない。

弱者や未来ある世代がついていっても、恐らく何一ついいことはないはずだ。







O嬢の物語

今週のメルマガの序盤の紹介です。
真面目な論評は偉い先生方が散々されているので、今回は小保方さん問題をキャリアデザインというアングルから検証してみたいと思います。なお、現在、連休モードまっただ中の筆者は固い話を書く気がゼロなので、本文は相当くだけた内容です。

概論 小保方さんのキャリアデザイン

筆者が見たところ、小保方さんは以下の3つの点で、常人にはない優れた能力を持っていると考えます。

・コミュニケーション能力

近年、日本企業が求める最重要スキルとしてしばしばコミュニケーション能力が挙げられます。社会で働く以上、同僚や上司はもちろんのこと、顧客や取引先とも密な意思疎通が欠かせません。時には行間を読んだ上で相手の真意を汲んだ提案をすることも必要でしょう。変な話、単純作業がテクノロジーやグローバル化によって消滅し続ける中、置き換えのきかないコミュニケーションの重要性はかえって増しているわけです。

でも、現在はITや携帯電話の普及で、ともすればコミュニケーション自体が苦手な人が少なくありません。特に「オヤジ連中との会話が苦手」というのは、筆者が学生時代から変わらぬ学生の本音でしょう。

その点、オヤジ連中と密なコミュニケーションを築き、コントロールすらできる小保方氏のコミュニケーション能力は相当高度なものだと思われます。営業部門に配属されれば社内はもちろん、取引先からも可愛がられるマスコット的存在になったはずです。

・組織内における政治力

とはいえ、話が上手いだけでは限界があります。組織内での空気を読み、ヨイショすべき人間はヨイショしつつ、お先真っ暗な人間とは距離をおかないと、せっかくのコミュニケーション能力もぶつぶつ独りごと言ってるのと変わりません。

小保方氏のキャリアの変遷を追っていくと、彼女がコミュ力のみではなく、実に高い政治力を持っていたことがよくわかります。指導教官のコネを使ってハーバードへ、そこで新たに培ったコネを活かして博士論文とその後のポストをゲットと、素晴らしい遊泳術を見せてくれています。

・自分を信じる能力

でも、本当に特筆すべき能力は、自分を信じる能力でしょう。どんなに優秀な人材でも、自分を信じることが出来なければ無意味です。たとえば、自分にはプロジェクトリーダーとしてプロジェクトを成功させるポテンシャルがあるんだと信じている凡人と、正直あんまり自信がないと感じているエリートが闘ったら、経験上、筆者は100%前者が勝つと考えます。

氏のコピペやらすり替えやらは、正直レベルの低いねつ造としか思えませんが、自信満々で半年以上世界を騙し続けることが出来たのは、彼女自身、研究成果が真正だと信じていた結果でしょう。自分でやったトリックに誰よりも自分が引っかかり、ホテルの披露宴会場にメディアを集めて記者会見までやってしまうなんて、もはやこのスキルにおける天才と言っていいと思います。

余談ですが、筆者はサッカー日本代表の本田も、ビッグマウスだなんだと叩かれてはいますが、この能力の重要性に気づき、意識的に自分を追い込もうとしているセルフコンディショニングの上級者だとみています。

上記3つの武器のみで、いかにして自らのキャリアをデザインするか。その観点から氏のキャリアを眺めると、一見運任せに見えるそれが、実に無理なく周到に練られたものであることがわかります。







以降、
O嬢の物語

※詳細はメルマガにて(ビジスパ夜間飛行BLOGOS







Q:「覇気のない新人に困っています」

→A:「覇気がないのは会社にも責任があるので、3年くらいかけて芯を育てましょう」



Q:「セクハラヤジの何が悪いのかわからない、という上司にわからせるには?」
→A:「窓際職の課長だって偉そうなこと言えるいい時代じゃないですか、とか」







雇用ニュースの深層

・DeNAの新卒採用数の1/4は東大生

たまに「東大生の進路一覧をみると今でもみずほ銀行とか日立とかが上位だから大企業志向は不変ですよ」なんてことを言う人がいますが、単に大企業が滑り止め化しているという側面もあるわけです。



・リコーの追い出し部屋は無効判決でリコー敗北?


当たり前ですが、元職場に復職する人たちの賃金は元職場の同僚たちみんなの財布から支払われるわけです。リコー社員じゃない方々はリコー社員を見かけたら「お、この人たちがカンパしあって失業者を支えてくれてるんだな」と優しく手を振ってあげましょう。

他。





Q&Aも受付中、登録は以下から。
・ビジスパ(木曜配信予定)
・夜間飛行(金曜配信予定)
・BLOGOS(金曜配信予定)






政策カフェ@丸の内のお知らせ

明日18時より、NPO法人『万年野党』主催の政策カフェに出席予定なのでお知らせ。

7月23日(水)18時〜20時半

場所: MARUNOUCHI CAFE 倶楽部21号館
     (東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1F)

詳細はコチラから。


アルコールもあるみたいだし、ざっくばらんな意見交換の場になるんではないかと予想している。


本を出したいなと思った時に読む話

今週のメルマガの前半部の紹介です。
新刊の出版記念ということで、今回は「本を書く」ということについて簡単にまとめてみたいと思います。

「そんなこと言われたって、自分は本なんて書く予定ないんだけど」と思った人も多いでしょうが、筆者は普段から、ある程度キャリアを積んでいる30歳以上の人には「機会があればぜひ一冊書いてみるといいですよ」とアドバイスしています。実は、本を書くということは、それ自体、非常に優れたキャリアデザインだからです。

“本”がどうやって作られるかを知ることは、何かもう一手キャリアの上積みが欲しいという人はもちろんのこと、多くの人にとっても書籍選びの参考になるはずです。

印税なんて目じゃない出版メリット

本を書くと印税がいっぱい入ってくる、と思っている人もいるかもしれませんが、残念ながら印税だけで飯が食えるのは村上春樹くらいで、大半の人はせいぜいちょっとしたボーナス程度にしかなりません。

5年くらい前までは新書ブームで、ある程度の棚を大手系列書店に確保している大手版元から新書を出せば、初版で2万、三か月くらいで3刷り10万部なんてことは珍しくなかったですが、それも今は昔。最近では初刷で1万いく方が珍しく、5万部行けばヒットと言われる状況です。本自体も、2か月くらいでどんどん棚から撤去され、出版社の倉庫に返品されるはめになります。

ではどうやって書き手はマネタイズしているかというと、既に一定の知名度、読み手を握っている人が、セミナーやサイン会といったプラスアルファの付加価値を載せて一定数を裁くというのが主流です。音楽では数年前からアルバム販売ではなくライブやツアーに軸足を移すアーティストが増えていますが、広い意味で書き手でもあれと同じことが起こっているわけですね。

では、今更知名度の無い人が本を出す意味はあるのかと言えば、大いにあるというのが筆者の意見です。それは以下のようなものです。

・名刺代わりになる

自分という人間を知ってもらう上で、著作ほど確実で入念なモノはありません。プロフィールはもちろんのこと、どういうスキル、専門性があり、どういう価値観を持った人かが漏れなく伝わります。履歴書やSNSの比ではありません。

実際、活きのいいビジネスマンの方で、著作を名刺代わりに配っている人は珍しくありませんね。読んでみて興味が湧いたら名刺の連絡先にコンタクトしてね、くらいのスタンスでしょうが、名刺だけ一枚渡すよりはるかに効果的なのは言うまでもありません。

・名前が売れる

一般には響かないとしても、その道の専門家というのはたいてい自分の専門領域の書籍は意識してチェックしているものです。本を世に出すことで、とりあえずはそうした人たちの間だけでも、ある程度の知名度を獲得できることになります。これは、後々ビジネスを進めていくうえでも、人脈をつなげるうえでも、貴重な取っ掛かりになるものです。

そういう意味では、News Picks移籍の1年前に「5年後、メディアは稼げるか」を出した東洋経済・前編集長の佐々木氏は、実に絶妙なタイミングで業界的に名前を売ったと言えるでしょう。

また、書籍で取り上げる分野が未開拓であればあるほど、最初にフラグを立てた人の先行者利益はとても大きなものとなります。2009年にtwitterを正面から取り上げた「Twitter社会論」を出版した津田氏は、以後、SNS上におけるメディア論の第一人者としての地位を築き、地上波などの既存メディアにも大きく露出する存在となっています。恐らく印税の100倍以上の利益をあげているはずです。

・なんだかんだでものすごい営業になる

実際、5万部ほど出れば、講演や仕事の引き合い等、印税の2倍くらいは何らかの仕事が派生するものですね。自分の詳細な履歴書プラス、プレゼン資料を全国の書店に並べてもらっているようなものと思えば、これがどんなに強力な営業ツールかわかるはず。出版不況だのamazonだkindleだと言われていても、紙媒体は今でも強力な営業力を保持し続けています。というわけで、なにがしかの本業があるビジネスマンたちは、売れる売れないにかかわらず、これからも紙の書籍を出版し続けるでしょう。



以降、
自分のキャリアを体系化できる
本が出来上がるプロセスを知れば、読むべき本も見えてくる
筆者の「読むべき本」のチェック法


※詳細はメルマガにて(ビジスパ夜間飛行BLOGOS







Q:「同僚に悪評を流されて困っています」
→A:「悪口というのは言われる側より言う側の被ダメージが大きいものです」



Q:「塩〇センセイに貢がされた人の話を詳しく教えてください」
→A:「〇〇〇〇〇の〇〇が〇〇の際に〇〇したそうです」



Q:「東京ガスの就活CM打ち切りについてどう思いますか?」
→A:「そもそもアレって何のCMなのかわかんないですよね」







雇用ニュースの深層

・佐川急便、主婦1万人採用へ 自宅周辺で配送

実際には“主婦”以外の人たちがいっぱい応募してくると思われるので、そこで佐川の器量が問われますね。



・厚生年金の加入逃れ阻止 政府、納税情報で特定

「払ってない奴から取れ」というスタンスからは、すっかり厚生年金が罰ゲーム化している現実が垣間見れますね。国民年金ですら実際の納付率が4割程度なのに、それより利回りの悪い厚生年金に加入させられて天引きされる中小の正社員って本当に喜んでるんでしょうか。



安倍政権の「日本再興戦略」から見えてくるもの

ものすごい婉曲的な表現でぼかしてはいますが、一応、やりたいことはよく理解できます。






Q&Aも受付中、登録は以下から。
・ビジスパ(木曜配信予定)
・夜間飛行(金曜配信予定)
・BLOGOS(金曜配信予定)






新刊まえがき紹介と目次と見どころについて

新刊のまえがき用に書いたのだけれども、スペースの都合でボツにしたものを供養代わりにアップしておこう。

まえがき

もし連合がプロ野球チームを保有し、全選手を終身雇用にしたら、何が起こるか。

「そんなことはありえない」という笑い飛ばした人は、人生で多くのことを損しているに違いない。というのも、ありえないシチュエーションほど、物事の本質をくっきり浮かび上がらせてくれるものはないからだ。

たとえば「自分が結婚するなんてありえない」と言う人は、とりあえず誰か好きな人と結婚することを想像してみるといい。まだまだ生活基盤が弱い、仕事の先行きが見えない等、さまざまなハードルが思い浮かぶだろう。それらはみな今の日常生活では気づかない隠れた真実であり、いずれ対処を迫られる問題である。

また、現在はあり得ないことが普通に起こる激変の時代でもある。筆者が学生時代の90年代半ば「これから銀行がつぶれる時代になる」「三井と住友といった財閥系の銀行同士が合併する」なんて言ったら「そんなことはありえない」と皆に言われたことだろう。でも、それらはみな数年以内に実現してしまった。JALの破綻、政権交代、原発事故など、その後も日本はありえないことが次々と実現しつつある。

あり得ないことが実現する時代、連合がプロ野球チームを買収するくらいのことは大した話ではない。むしろ、彼らがそれを行うことで、何が起こるのかにわくわくしようではないか。そこにはきっと、すべての日本人が日常生活の中で気付かず見落としている真実が含まれているに違いない。


および、以下、目次

第1話 日本型雇用の未来は君の肩に……
教訓1 主体性を持って仕事をする

第2話 波乱の記者会見
教訓2 嘘と本当を見分ける目を持つ

第3話 見よ、あれがユニオンズの星だ
教訓3 会社と闘えるように準備をしておく

第4話 キャンプイン 静かな戦いの始まり
教訓4 環境が人を変える
第5話 オープン戦
教訓5 流動性のない組織に成長はない

第6話 闘志なき者は去れ
教訓6 “研修”ですべてを変えるのは無理

第7話 奮起
教訓7 自分の市場価値を高める

第8話 開幕
演習1 これまでの教訓を使って、日本の雇用問題を解いてみよう

第9話 毒まんじゅう
コラム1 出向を有効に活用する方法

第10話 底辺決戦
コラム2 目標管理とうまく付き合う方法

第11話 派遣切り
教訓8 世の中にただ飯はない

第12話 デッドライン
教訓9 きれい事しか言わない人を信用してはならない

第13話 ハゲタカ
教訓10 ローンは組まない方がいい

第14話 最終戦
教訓11 若手に仕事を任せる

第15話 朝生
教訓12 過去の成功体験は捨てる

第16話 席替え
教訓13 「人に優しい会社」などない

第17話 赤裸々
教訓14 会社の“社会保障”には期待しない

第18話 裏切り
教訓15 ブラック企業の心配をする暇があったら勉強しろ

最終話 ユニオンズは永遠に不滅です
エピローグ
教訓16 未来の成功体験はこれから作られる

あとがき


なお、個人的には本書の肝は注釈(各ページの左端にあるやつ)かなと思っている。もちろん本文も重要なのだが、ブラックすぎてあまり公には言いづらいことを凝縮したつもりだ。

しばらく紹介がてらつぶやくつもりなので、興味のある人はtwitterにも注目しておいてほしい。











ENTRY ARCHIVE
著作
「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話


それゆけ!連合ユニオンズ[上]


若者を殺すのは誰か?


7割は課長にさえなれません


世代間格差ってなんだ


たった1%の賃下げが99%を幸せにする


3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
MY PROFILE
城繁幸
コンサルタント及び執筆。 仕事紹介と日々の雑感。 個別の連絡は以下まで。
castleoffortune@gmail.com
RECENT COMMENT
SEARCH
QRコード
QRコード