通勤手当なんていらないと思った時に読む話

今週のメルマガの前半部の紹介です。

先週、ちきりん氏の「通勤手当なんて廃止すべき」がネットで話題となりました。会社がお金を出して効率の悪い働き方をサポートしているようなものだからそんなものはとっとと廃止すべきという内容です。筆者も同感ですね。

ちなみに筆者も宮仕えの時には基本的に徒歩で通勤できる距離に賃貸借りていましたね。職場が近いと仕事はもちろんのこと、趣味や生活全般にすごく余裕が生まれるものです。少なくとも身軽な独身の若いビジネスマンには、筆者も職場近辺に暮らすことを勧めます。

というわけで、今回は“通勤”について、人事的な観点から考察してみたいと思います。

通勤手当なんて今すぐ廃止したってぜんぜん構わない理由

いつも言っているように、筆者自身は、給料は単純に成果だけに対してのみ支払われるのが望ましく、シンプルであればあるほど良いというスタンスなので、家族手当や年功給みたいなものはもちろん、通勤手当も廃止するのがベストだと考えます。

その上で、個別の査定で成果に応じた報酬をきっちりはずむ。だから「会社の近くに住んでバリバリ成果を出したい」という考えの人はそうすればいいし、「いやいや自分は多少通勤時間が長くても郊外の庭付き戸建がいいです、その方がパフォーマンスも出ます」という人はそうすればいいでしょう。

なんていうと「交通費を別途貰った方がトクじゃないか」という人もいるのですが、残業代と同様、会社から見れば福利厚生費等も全部含めて人件費なので、どっちが損得というのはないですね。会社が用意できる人件費の額は決まっているのに、それをダラダラ長時間働く奴に多く支払うのがバカらしいのと同様、ど田舎に住んでチンタラ出勤してくる奴にいっぱい払うのもやはりおバカなわけです。

筆者の経験でもいっぱいいますね。なんでおまえそんな山の中にマンション買うのとか。なんで県一つまたいだとこから通うのかとか。それでハイパフォーマーならいいんですけど、そういうのに限って成績は中の下だったりします。毎月の定期代だけで7、8万貰いつつ、土曜出勤で残業100時間付けてるローパフォーマー社員なんて、みんなの人件費という財布に寄生した貧乏神みたいなもんですね。そういうけしからん人材を一掃するためにも、通勤手当なんてとっとと廃止するべきでしょう。



以降、
とはいえ、通勤手当を廃止しても都心はマンハッタンにはならない
筆者自身が神奈川から中央区のタワマンに移ったわけ




※詳細はメルマガにて(ビジスパ夜間飛行BLOGOS







Q:「就活で身の程を知れ、は正しい意見ですか?」
→A:「きわめて正しい意見です」



Q:「助けてください!後輩が続々課長昇格してます」
→A:「話を聞いた感じだとたぶんもうムリだと思います」



Q:「佐村河内さんと新垣さんの明暗をわけたものとはなんでしょうか?」
→A:「人当たりの良さってボディブローのように効いてくるもんです」







雇用ニュースの深層



三越伊勢丹の販売員、役員クラスの年収も可能に


4番で3割30本打つ人にリソースを振り向けるのが、これからの人事制度のトレンドになるでしょう。



増税先送りの一方でサラリーマンの健康保険料は勝手に引き上げられそうな件

今回も農業とか自営業者の大勝利で終わりそうな雰囲気ですね。



出身大学で人生の幸福度が決まるか

学歴って現状、選考会場への入場整理券みたいなもんです。







Q&Aも受付中、登録は以下から。
・ビジスパ(木曜配信予定)
・夜間飛行(金曜配信予定)
・BLOGOS(金曜配信予定)








没落する日本 強くなる日本人



グローバルビジネスマンとして海外の第一線で活躍してきた著者が、日本の将来を大胆に予測する。

著者のスタンスはシンプルで、経済がグローバル化する以上、企業活動を一国の都合で縛るのは不可能であり、相対的に国家の存在感は低下することになる。その中でも「想像を絶する高齢社会」であり、累積債務の積みあがってしまった日本はもはや最低限の社会保障すら維持できなくなるというもの。

世代間格差という言葉は知っていても、なんとなく「自分が将来もらえる年金や医療給付は半分くらいになってるだろうなあ」くらいに想像している人がほとんどではないか。だが著者の描く2050年の日本社会は壮絶だ。まず2050年の75歳以上人口は現在の1300万人から2400万人とほぼ倍増しており、(これから減る一方の生産年齢人口で)従来通りの社会保障制度を維持するのはまず不可能だ。

「財政危機の深層―増税・年金・赤字国債を問う」も指摘するように、恐らくその前に財政自体が行き詰まるだろう。著者は「すべての社会保障制度は機能停止に追い込まれる」とまで断言する。というわけで、今から30年後には、ホームレス高齢者が街を徘徊し、高齢者スラムがあちこちに乱立するという凄い光景が日常化していると思われる。

ひょっとすると「いざとなったら生活保護に逃げ込むから大丈夫」と思っている人もいるかもしれないが。それは甘い。年金や医療が破たんもしくは大幅な給付カットをされて、国民が生活保護を無傷で済むせるわけがない。年金以上に大ナタを振るわれ、徹底的にカットされるはずだ。

ちなみに著者の試算によれば、2050年の75歳以上人口2400万人のうち、実に7割に上る1700万人が所得120万円未満の貧困層に該当するという(2007年は75歳以上1300万人、うち貧困層は33.5%の442万人)。そのうち1200万人が生活保護に雪崩れ込むと年間21兆円を超える予算が必要となるから、たぶん生活保護制度そのものが無くなるか、はるかに低コストなまったく別の仕組みに変わっているのは間違いない。

自分の予測だと、たぶん100%現物支給になっているように思う。廃校に二段ベッドならべて、古古米の炊き出しくらいはしてもらえるかもしれない。まあ日中作業がなくて出入り自由の刑務所みたいなもんを想像してもらえばいいだろう。なんていうと「国民の健康で文化的な最低限度の生活を営む権利はどうなるんだ!」と心配する人もいるだろうが、その頃にはそういうのがこの国における健康で文化的な最低限度の生活になってるだろうから何の心配もいらない。

そして、このままいくと、最大の貧乏くじを引かされるのは団塊ジュニア世代だ。

あまり指摘されていないのですが、この団塊ジュニアは踏んだり蹴ったりの世代です。彼・彼女らは、親にあたる団塊の世代とその少し前の世代と比べると非正規雇用が多く、かなり貧しいと想定されます。にもかかわらず、高齢者を支えるために過度な負担を強いられ、支給は遅くなって自分たちの取り分は大きく削られる。まさに搾取の標的として狙い撃ちされているといって過言ではありません。なぜ、怒り出さないのか私は不思議でなりません。


一応、著者は日本社会が健全に縮小均衡していくための処方箋んも提示していて、経産省や農林水産省の解体、廃業する農地の国への返還、安楽死特区の設置、大学定員の半減など、なかなかドラスティックなものが並ぶが、恐らく著者はそれらが実現するとはもはや信じていないようにも見える。本書を通じて感じるのは、一種の諦めというか悟りのような境地だ。

ただし、諦めというのは「国全体で経済大国の地位を維持する」ということへの諦めであって、それを嘆くこと自体が古い価値観にとらわれている。あくまで個人として国に頼らず強くあれというのが本書の結論であり、一貫して明るいメッセージである。



以下、興味深かったポイント。

・「維新の志士」にあこがれて時代を明治維新にたとえる政治家も多いが、現在は既存価値体系が一挙に崩壊した室町末期から戦国に至る状況に近い。逆に言えば、実力のある強者にとっては刺激的で面白い時代。


(以下引用)

日本の国家の仕組みは、きわめて「家父長的」です。(中略)国民を依存度の高い「幼児」に保っておくことが、国家にとっては都合が良かったわけです。「幼児」に対して「安心」を提供することで統治してきたのが日本でした(リスクがゼロということはありえないので、その安心も幻想ですが)。


一億全ての国民が安心を求め、だからといって負担増は嫌う無責任社会が到来しているようです。これは「弱者」という名のモンスターの登場です。(中略)この弱者という概念を獲得した既得権益が、自他の区別なく複雑に絡み合った菌系ように社会を覆い尽くしている。今の日本社会はそんな状態です。


家父長的家制度は「自分は弱者だ」と主張する人間を再生産する元凶です。責任感や判断能力という、グローバル化した時代に必須の能力を個人から奪う、きわめてアナクロ(時代錯誤)な仕組みといえます。


優秀な人間が高い給料をもらって、35年かけて使い物にならなくなるというのが日本の銀行ではないでしょうか。


私たちに必要なのは、選択肢を広げるために自らリスクをとって選択することです。(中略)変化する時代に「選択しないこと」「行動しないこと」は、なによりも避けなくてはならない最大のリスクです。







“格差”が死語になったわけ

民主代表選に出馬した長妻さんが「格差是正」を全面に打ち出している。ここでいう“格差”というのは、世代間格差とか一票の格差ではなく、いわゆる貧富の格差全般のことだ。すっかり死語になった感があり、久しぶりに聞いた気がする。

なんていうと「まだまだ困ってる人はいっぱいいるじゃないか」と思う人もいるかもしれないが、“格差”を死語に追いやったのは誰あろう、当の民主党である。

09年選挙に際し、民主党は「小泉改革で格差拡大」という旗を掲げて戦い、見事政権交代を成し遂げた。その後、厚生労働大臣となった長妻さんたっての肝入りで、初めて日本全国の貧困調査も行われた(以下、厚労省作成資料より)。

貧困率























でも、結果はなんと、過去10年で唯一貧困率が改善したのが小泉政権期だったという(彼ら民主党とリベラル派の皆さんにとっては)衝撃的な事実がばっちりわかってしまった。よほど恥ずかしかったのだろう。それ以来、民主党はほとんど格差云々の話はしなくなり、彼らの支持層の間でも格差問題そのものが語られなくなったように思う。気が付けば派遣村も消滅し、反原発で盛り上がるまで、リベラルそのものが影が薄くなっていた。

もちろん、筆者は小泉改革で格差問題が解決に向けてすごく前進したと言うつもりはなくて、経済がうまく回ったからパイの量が増えて、相対的に前後よりマシだったというだけの話だと思う。問題の解決のためには、大企業正社員とか高齢者に偏った社会保障に抜本的にメスを入れるしかない。もちろん、新しい再分配を実現するためには増税でもなんでもするしかない。

湯浅氏のようにそのことを明言する人もいるが、リベラル界隈の多くの人は(うすうす気づいていても)そういう議論はしたくないのだろう。連合の組合員なら終身雇用という民営セーフティネットがすでにあるわけで、誰でも使えるセーフティネットなんて新設されたら自分たちの負担が増えるだけだから。日本人というのは「可哀想だから誰か助けてやれ!」と大声で叫ぶのは好きだが、自分も負担せにゃならんとなると途端に目をそらすのが大好きな国民性である。そういうわけで、格差は死語になったのだ。

そういう状況を知ってか知らずか、懲りずに「格差是正こそ民主党の道」と断言しちゃう長妻さんはホント空気読めてないと思われる。「格差是正こそ民主党の道。だから今度は構造改革断行、労働市場の流動化もやります」くらい言えれば、お通夜みたいな代表選ももうちょっとは盛り上がると思うのだが。



ぼったくり居酒屋を人事制度的にひもとく

今週のメルマガの前半部の紹介です。先日、ぼったくり居酒屋なるものがネットで話題となりました。2人で利用したのになぜか5人分のお通しが請求されていたり、お通しに加えてチャージ料や週末料金が加算されていたりとツッコミどころ満載のレシート画像を見たという人も多いことでしょう。

とはいえこのボッタクリ居酒屋、一過性のネタで流してしまうには惜しいポイントがいくつも含まれています。というわけで、今回はぼったくり居酒屋を人事的な視点から読み解いてみたいと思います。

なかなか合理的なぼったくり居酒屋システム

まずぼったくり居酒屋というシステム自体ですが、なかなか上手いこと考えたなというのが第一印象ですね。昔ながらのぼったくりバーみたく何十万と請求するでもなく、酔っぱらっていれば気づかない可能性もある金額にとどめることで、実際これまで細々と(というか図太く)経営し続けてきたわけです。

実際、居酒屋で飲んだ後にいちいちオーダー金額と請求額をチェックしている人がどれだけいるでしょうか。少なくとも筆者はやったことないですね。もうちょっとマシな料理を出すとか、クレーム対応をきちんとしていれば、もしかすると炎上なんかしなかったかもしれません。
 
くわえて、一連の騒動からは、以下のようなぼったくり店の特徴が見てとれます。

・厳しいノルマ制がある

本部の運営会社が各店舗に目標売上を課すのは当たり前ですが、今回はそれが相当シビアなレベルで要求されているのが見て取れます。というのも、泥酔しているわけでもなく、普通にSNSに投稿する余裕のある客にまで“週末料金”や人数以上のお通しをつけるのは、店舗側に相当の焦りが感じられるからです。恐らくは一日の売り上げノルマが決まっていて、それを来店客で割って後付する目安としているはず。

・悪評を改装でリセットする

まとめ情報を見ると、同社の系列店では定期的に店名を変えている様子。悪評がある程度溜まった段階でリセットする意味合いがあるのでしょう。そう考えると、最初から流しの一見さん狙いで、そうした客層の見込める新宿や新橋と言ったターミナル駅近くに出店する方針は合理的と言えます。

・本部も事実上黙認

そして、そうした点を考慮すれば、運営会社もそうした事実を知っていたことはほぼ間違いないでしょう。一見さんの多い繁華街に出店し、定期的に店名をチェンジさせ、ルーチンとして厳しい売上ノルマを要求しておきながら「従業員教育がなってなかった」では済まされないでしょう。ついでにいうと食べログなどの組織的な提灯口コミ記事も、運営会社主導でやったとしか思えませんね。

ちなみに、筆者のお付き合いのある飲食店経営者に伺ったところ、最近(若いもんに金が無い&そもそも若者が少ない&草食化等で)キャバクラやクラブといった業態全般が地盤沈下傾向で、本来はそうした業態の中に巣くっていたぼったくり系のグループが普通の居酒屋業界に進出しているそうです。

今回のぼったくり店の運営会社である海野屋自体も2年前に設立されたものである点を考えると、そうしたグループが業態転換する際に作った会社であり、今回有名になったのでまたすぐに社名も店舗名も変えて営業するだろうとのこと。ぼったくり居酒屋とネットのいたちごっこはまだまだ続きそうですね。



以降、
人事制度プラン1:脱ぼったくりへのいばらの道
人事制度プラン2:ぼったくり道を極める悪魔の方程式
ぼったくり化する社会




※詳細はメルマガにて(ビジスパ夜間飛行BLOGOS







Q:「嫁が働いてくれないんですが……」
→A:「嫁は『旦那が家事をしてくれない』と思っているかもしれません」



Q:「360度評価で他人にネガティブなことが言えません」
→A:「アレって終身雇用カルチャーだと機能しないもんです」







ショートショート「ウルフ・オブ・歌舞伎町」






Q&Aも受付中、登録は以下から。
・ビジスパ(木曜配信予定)
・夜間飛行(金曜配信予定)
・BLOGOS(金曜配信予定)






「ボーナス貰ったしそろそろ会社辞めようかな」と思った時に読む話

今週のメルマガの前半部の紹介です。そろそろ年末のボーナス支給が近づいてきましたね。今から楽しみにしている人も多いと思います。また、ボーナスシーズンは同時に退職シーズンでもあります。冬のボーナスは上期(4月1日から9月末)に対して支払われるものですが、支給日在籍が支払う上での条件なので、ボーナスを待って退職する人が多いためですね。

というわけで、今回は「ボーナス貰ったしそろそろ退職するかな」という人向けに、プラスαのテクニックと、本当にすぐに退職して大丈夫なのかを再チェックするためのポイントを整理したいと思います。

「退職を考えているんですが」と社内で相談していいのは3年目まで

よく「実は退職しようか迷ってるんですけど」的なことを周囲に相談する人がいます。迷ってるんだったら頼れる先輩や年長者に相談するのは良いことです。でも、社内でそれをすることはおススメしません。そういう情報はえてしてその後も残ってしまうものだからです。

まず、上司に相談した場合。以後、彼はあなたを「いつ辞めるかわからない離職予備軍」として見なすことになるはず。重要な案件や機密事項にはタッチさせなくなるでしょうし、後述するように、査定でも優先順位はぐんと低くなります。

くわえて、マメな管理職なら、逐一そうした情報はさらに上の上級管理職もしくは管理部門に報告するはずです。企業によっては「〇〇歳の時に離職を検討」なんて人事履歴がファイルに残ったりもします。これは長期的に見ると、その後の管理職昇格の選考などでよろしくない影響を残すことになります。

もちろん、仕事内容が想像したものとは違っただの、キャリアデザイン的な悩みも多々あるでしょう。そんな中で転職を選択肢に入れつつ、誰かに相談したくなることもあるはず。でも、そういうのが許されるのはだいたい3年目くらいまでの若手段階です(その段階であれば「みんな迷うんだから頑張れ」的なアドバイスで完結します)。20代後半以降で「実は迷ってるんですけど」なんて組織内で口にしたなら、「いまだに腰が落ち着かない、軸足の定まらない人間。重要なミッションには不適格」とのレッテルを貼られかねません。

ですから、筆者なら、そうした相談は別会社で働く大学時代の友人や先輩にとどめますね。「同じ釜の飯を食う間柄」というのは言い換えれば「同じ釜の飯を食い合う間柄」でもあります。突き詰めれば社内の人間はライバルに過ぎないのだという点は必ず押さえておくべきでしょう。



以降、
あんまり早期に退職を申し出ない方がいい理由
残った有給消化の上手い人、下手な人
退職するんだから「最後に言いたいことを言う」はありか




※詳細はメルマガにて(ビジスパ夜間飛行BLOGOS







2014年Q&A蔵出し特集!意図不明質問から「なんでここで聞くかね?」的な質問まで、放送コードに引っかからないものはすべてあらいざらい放出します。
(それから、一部の質問メールが迷惑メールフォルダに紛れ込んでいたのが“発掘”されたそうなので、それも含めてすべて本年最終号で回答いたします)



Q:「地方公務員への転職はアリでしょうか?」
→A:「“安定”に安住してしまったら危険です」



Q:「特定派遣事業廃止で自分はどうなるのでしょう?」
→A:「どちらかというとメリットの方が大きいと思われます」



Q:「海外帰りなので、連合のイメージがぴんとこないんですが」
→A:「自分たち選ばれし民にはそこそこの暮らしが年金支給年齢まで企業から保証されるべきだと信じる宗教団体です」



Q:「なんだかんだいって私立進学校出身の東大エリートは優秀では?」
→A:「こういうコースが優秀だ、という観点へのアンチテーゼです」



Q:「日本の労働生産性を上げるには、職務記述書を作って業務の明確化するしかないのでは?」
→A:「私も同感です」



Q:「年賀状って出さないといけないものなんでしょうか?」
→A:「私も明確な基準があったら教えてほしいと思ってます」



Q:「妖怪ウォッチってどういうものなんでしょうか?」
→A:「アレでしょ?妖怪と戦って体を取り返していくヤツでしょ?」



Q:「〇〇〇〇さんのことをどう思われますか?」

→A:「いや別に縁も因縁もないですよ。まあしいて言えば……」



Q:「最近、性欲が落ちてきた気がするんですが……」
→A:「40になっても性欲旺盛なオヤジばかりだと社会が崩壊します」



Q:「コミュ障のゆとりですが、自分が内定貰えた理由がわかりません」
→A:「他がもっとダメだったんでしょう」






+雇用ニュースの深層

次世代の党惨敗にみる無党派層の視点

無党派層が望んでいたのは「自民より右に立つ政党」ではなく「自民より改革を前に進める政党」だったということ。

他。






Q&Aも受付中、登録は以下から。
・ビジスパ(木曜配信予定)
・夜間飛行(金曜配信予定)
・BLOGOS(金曜配信予定)















ENTRY ARCHIVE
著作
「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話


それゆけ!連合ユニオンズ[上]


若者を殺すのは誰か?


7割は課長にさえなれません


世代間格差ってなんだ


たった1%の賃下げが99%を幸せにする


3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
MY PROFILE
城繁幸
コンサルタント及び執筆。 仕事紹介と日々の雑感。 個別の連絡は以下まで。
castleoffortune@gmail.com
RECENT COMMENT
SEARCH
QRコード
QRコード