本日22時よりBS-TBSの「外国人記者は見た」に出演するのでお知らせ。

テーマは“働き方改革”。

長く日本で働く外国人ジャーナリストから見ても、日本人の長時間労働や非効率なワークスタイルはとても奇異に見えるらしい。

彼らからすると「それは文化的なギャップなので抜本的な変革は難しい」らしいが、そうした日本独特の雇用慣習の多くは戦後にできたものであり、雇用法制や人事制度を変えれば割と簡単に改革できるだろうというのが筆者のスタンスだ。